2007年1月31日

 天気予報では明日から雪が降ったりと寒くなるようです。暖かいまま冬が過ぎてくれたらいいのにと思っていたのですがそうはいかないようです。

 焙煎をやっているとどうしても天候の変化が気になってしまいます。

 気温や風、雨などの影響で焙煎時のカロリーや排気などがずれてきますが、その少しの違いがコーヒーの味にかなりの影響を与えてしまう場合もあります。

 焙煎は、排気の調節をしながら熱を加えるという単純な作業のように見えますが、結構繊細なもののように思います。

 本気で取り組めば取り組むほど、難しいものかもしれません。

 高級豆を使い、鮮度のよいものを販売するというのが自家焙煎では当たり前のようになってきている今、価格以上の味を作り出すためには焙煎への取り組みかたとかハンドピックなど消費者の目に見えない部分をどれだけ丁寧に誠実に行っているかが重要になってくると思います。

 そうすると一日で作れる量も限られてきてたくさんのコーヒーを売ることはできないのですが、普通のコーヒーをたくさん売るよりも、美味しいと思えるコーヒーを私のコーヒーを気に入ってくださる方に飲んで頂ければ嬉しく思います。

 販売店経由などではなく、手渡しであったり、直接郵送したり、お客様との距離が近いことはとても大切なことだと思っています。

0 件のコメント

© Copyright 2020. KANON-COFFEE INC. All Rights Reserved.